小児歯科

今から始める「予防小児歯科」

わが子の歯を守るために大切なこととは?
当院はむし歯の治療・予防対策から成長期に起こりやすい歯の異常まで子どもの歯のさまざまなトラブルをサポートしています。
「小さい頃に歯医者さんに行くのが嫌だった」
と言う人は多いと思います。
では、わが子の歯をむし歯のない歯にするにはどうしたら良いでしょう?

それには、むし歯のない時期から定期的に健診を受け、
歯の状態を知ることです。
予防のために”フッ素の塗布”なども効果的です。
当院では、無料で虫歯予防にフッ素の塗布を実施しております。
また、最初は、機材に触ったりして、「歯医者さんは怖い所」という印象を与えないように、
慣れるところから始めています。
また、子供が大きな声で泣いてしまうので、歯科医院へ連れていくことに、抵抗がある方でも、
あらかじめご予約を頂く事で、周りの方の目を気にすることなく、
診療をお受け頂くことも可能です。他の方の目が気になる方は、ご予約時にその旨をお伝えください。

乳歯は、いずれ抜けるのだから むし歯になっても大丈夫?

これは、大きな間違いです。
乳歯がむし歯になると

  • 永久歯(大人の歯)が出てこない。
  • 永久歯の形が不完全
  • 永久歯が正しい方向に生えてこない
  • かみ合わせが悪くなる。  ・・・・etc

等の異常が起こることがあります。
歯が生える前から予防は始まっています。
むし歯のない白い歯 それは、一生の財産です。
子どもの成長には、それぞれ個人差があります。
当医院は、一人一人にあった予防方法を実践してそむし歯のない環境作りをサポートしています。

まずは、むし歯菌・歯周病菌の感染予防を

お子様をむし歯菌・歯周病菌から守るために

むし歯の原因「ミュータンス菌」は、まだ歯の生えていない赤ちゃんのお口の中には存在しません(赤ちゃんのお口の中は無菌です)。
この細菌は、赤ちゃんに一番近い人から感染します。
赤ちゃんとのスキンシップや、同じスプーンや箸から唾液を介して感染します。

特に生後19ヶ月から31ヶ月の間、1歳から2歳半くらいの時期に感染することが多いといわれます。
しかし、感染を恐れてスキンシップまで避けるということは違いますよね?
感染に対して神経質になるのではなく、まずはお子様の周囲の人たちが口腔ケアをしっかりと行うことが大切です。
保護者の方が自分のお口の健康を大切にすることが、お子様のお口の健康を保つことにつながるのです。

また、お母さんのお口の中の善玉菌をお子様に移してあげることも必要です。
善玉菌が住み着くと、むし歯菌が感染しにくくなります。
要は、感染しやすいといわれる1歳から2歳半の時期にむし歯菌がうつらなければ、その後に、大人の唾液と接触したとしてもむし歯になりにくいのです。

ではどうすればよいのかを家族みんなで、子どものお口の健康を考えましょう。

虫歯の予防についてはこちらをクリック

感染を防ぐためにできること
  • 家族そろって、歯医者さんで定期健診を受け、むし歯リスクを下げる。
  • 子どもの周囲の人に未治療のむし歯がある場合はきちんと治療する。
  • 子どもの周囲の人がお口を清潔に保つ。
  •  
虫歯の予防についてはこちらをクリック

もし虫歯ができてしまったら・・・

もし、お子様のお口の中に「むし歯かな?」と思ったら、早めの受診をおすすめいたします。
虫歯の進行には順序があり、初期の虫歯であれば、フッ素を定期的に塗ることで進行を抑えることができ、
歯を削ることを避けられます。
小児歯科では、早め、早めの対応がその子の歯を守ることにつながります。