大船の歯医者くり歯科クリニック > インプラント治療
インプラント

インプラントについて

インプラントとは、失った歯の変わりにアゴの骨に
人工の土台(インプラント)を埋めて人工の歯を作る方法です。

ご自分の歯を残念ながら失われてしまった場合、
従来は失った歯を補う治療として入れ歯や両脇の歯を支柱にして削り、
人工の歯を被せるブリッジが主流でしたが、
最近では、歯科医療の進歩により、
インプラント治療が選択肢の一つとしてよく選ばれるようになりました。

インプラントは天然歯(ご自分の歯)と同じように根があるため
入れ歯のような違和感はなくしっかりと力を入れて
入れ歯の数倍痛みなく噛むことが出来ます。
付けたり外したりする煩わしさもなく見た目も
自分の歯と変わりありません。
またブリッジのように健康な隣の歯を削らなくて済みます。
入れ歯が嫌でご自分の歯を取り戻したい方、ご自分の歯を削るのが嫌な方、
入れ歯が合わない、咬めない方にとっては、インプラント治療は、最善の治療と言えます。

インプラント治療について

インプラント治療とは

インプラント治療とは歯を失った部分に
人工歯根(じんこうしこん)を埋め込み、
その上に新しく人工の歯を取り付ける治療です。
人工歯根はチタンでできており、
骨とチタンが結合することで人工の歯をがっちり支えます。
(「チタン」は人工関節や骨の固定などに一般的に使われる材料です。)
人工歯根を入れることにより、入れ歯の苦痛から解放され、自分の歯と同じように噛(か)めるようになります。

今までの方法との違い

これまで、天然歯を失ってしまった場合、ブリッジや義歯(入れ歯)という方法が一般的に行われていました。しかしこれらの方法は歯ぐきの上に「のせる」こ とになるため、安定させるために、まだ虫歯にもなっていない健康な歯を削らなければならなかったり、欠損した歯の両側の歯に大きな負担がかかってしまうなどさまざまな欠点がありました。

インプラント治療は前述の治療法とは根本的に異なり、治療すべき部分以外に負担をかけず、新しい歯を植えて天然歯と同じ状態にする方法です。

▲ページの上部に戻る

インプラント治療の流れ

以下は一般的なインプラントの治療の流れになります。治療計画はは患者さまにより異なります。
詳しくはお問い合わせください。

STEP1.術前診査

インプラントを入れる前には、残存骨の確認、
診断用模型によるシミュレーションなどを行い、
最終的にどんな歯をいれるかを決定します。

STEP2.術前診査

出血や痛み腫れを極力抑えた手術方法を取り入れているので、体にご負担も少なく手術時間も30分~1時間程度で終わる事が出来ます。

STEP3.アバットメント装着

アバットメントはインプラント体と人工歯を連結するパーツです。
骨質の違いや術式の違いでインプラント埋入と同時に行うときも あれば、埋入後数ヶ月で行う場合もあります。

STEP4.人工歯装着

アバットメントを介してインプラントに装着する人工歯を上部構造といいます。
この段階で歯の形をしており、咀嚼が可能となります。

▲ページの上部に戻る

インプラント治療の費用

当医院では、インプラント治療の素晴らしさをもっと身近なものにして頂くために、一本20万円からご提供させて頂いております。
複数本の場合は、費用が異なってきますので費用につきましては、実施前にご相談させて頂いております。

また、出血や痛み腫れを極力抑えた手術方法を取り入れているので
患者様の体にご負担も少なく手術時間も30分~1時間程度で終わることが出来ます。
その後手術してからインプラントが骨としっかり結合するためには、
3~6ヶ月のお時間を頂くので治療期間が長くなります。
インプラントをお口の中で長持ちさせるにはメンテナンス(定期健診)が大変重要になっています。
術後のアフターケアについても保証を含め定期的なメンテナンスプログラムを
患者様のお口の中に合わせてご用意させて頂いております。

治療相談・見積・セカンドオピニオン等は、無料にて行っております。
ご不明・ご不安な点がありましたらスタッフに是非ご相談ください。

▲ページの上部に戻る

治療料金

症例写真

 

前歯のインプラントの症例です。

症例写真

 
   

総義歯(入れ歯)を入れているが、不安定で外れやすく、
痛みが出やすい方にマグネット式のインプラントを埋入。
総義歯(入れ歯)とインプラントが磁力によってくっつくことによって義歯が安定し、
はずれにくく痛みも出なくなりました。