口臭治療について

口臭が気になる方へ

ある程度の口臭は誰にでもありますが、口臭が強い場合には、
歯槽膿漏、治療した詰め物や被せ物の不具合、舌の汚れ、
鼻やのどの病気が原因になっている場合 があります。
特に歯槽膿漏は、口臭の原因の8割をしめると言われています。
また、他人が臭気を感じるものは「他臭症」と呼ばれ、
他人が臭気を感じてないのに
口臭がしていると思い込んでいる口臭は「自臭症」と呼ばれます。
口臭は、自分では気づきにくく、周囲も指摘しづらいので、
口臭がないにもかかわらず、自 分の息は臭いのでは?と不安に感じる人も多いようです。
当院では、「口臭」についてのご相談や、治療も行っております。
一度ご相談ください。

口臭の原因

歯周病

歯槽骨という、歯を支えている骨があるのですが
これが歯周病になると溶け出してきて無くなってきて、
歯茎の部分赤く腫れがブヨブヨしてきます。
こうなると、出血してきたり膿が出たりして
次第に歯がグラグラしてきてしまう病気の事です。
こ のグラグラした歯とブヨブヨした歯茎の間には、ものすごい数の細菌が存在していて、
これが悪臭の原因となる揮発性硫黄化合物を産生して口臭になってしまう という訳です。
こうなったら早めに治療を受けるようにしてください。悪化してしまうと、歯が無くなってしまいます。

虫歯

虫歯が悪化してくると口臭が徐々に強くなってきてしまいます。
更に神経までいってしまうと悪臭と化して強烈な臭いになってしまいます。
こうなる前に、早めに治療するようにしましょう。

歯垢

プラークと言って細菌の塊の事です。
これは歯と歯の間に食べかすがたまってしまっている状態で、
毎日歯磨きを丁寧にしていても磨き残しがあるくらい頑固に残ってしまうものです。
定期的に歯医者さんなどに行ってケアをしてもらうようにしましょう。

歯石

歯垢が固まって硬くなってしまったものを言います。
自分では取る事ができず歯医者で取ってもらうしかありません。
放って置くと歯周病の原因になります。

口臭の治療

下記に、口の中の口臭の原因がある場合の治療について説明します。

舌苔

舌苔(ぜったい)と言って、口臭の大きな原因の一つで す。
これは舌の表面に白っぽい、黄色っぽい
苔のようなものが付いた状態です。
これは口の中の細胞が死んだり、
食べカスが口臭の原因になったりしています。
これらが細菌で分解される際に、口臭の原因となるガスを発生させます。
舌苔の除去方法としては専用の舌ブラシを使うか、柔らかめの歯ブラシを使用します。
使い方は舌の奥の用から前の方に優しく磨いていきます。
やりすぎると舌を傷つけてしまいますので気をつけるようにしましょう。
当院では、磨き方についての指導も行っております。

唾液

唾液には口の中の洗浄作用・抗菌作用・粘膜保護作用があり、口臭予防に一役買っています。
しかし、唾液の分泌量が少なくなると口の中が不潔になり、
乾燥するため口臭が発生しやすくなります。
一般的には食べたり喋ったりする事で唾液の分泌量が促進されます。
しかし、病的な場合は、ド ライマウスの可能性もあります。

口腔癌

口の中にできる癌です。これによって口臭が発生する場合があります。
口の中に違和感を感じた場合には早めに歯科医師に診てもらうようにしましょう。

義歯

毎日キレイに洗浄したり、消毒して使うことをお勧めします。
一度入れ歯に色や臭いが付着したりすると取れませんので気をつけましょう。