大船の歯医者くり歯科クリニック > 妊娠をお考えの方へ

妊娠をお考えの方へ

妊娠をお考えの方へ

妊娠をお考えの方へ

当院では、妊婦さんの体になるべく負担をかけないように、妊娠前から口腔内をきれいにして、虫歯などの病気を治すことをお勧めしております。
妊娠中は、通常と違ってデリケートな身体になりますので、なかなかいつもと同じような治療をすることができませんので、日頃から歯科検診を受け、お口の中の環境を整えておくことが大切です。

妊娠中にかかりやすい病気について

妊娠中には、歯や歯口の体の他と同様に、様々な影響を受けます。

■妊娠性歯肉炎、歯周病

妊娠によって、ホルモンのバランスが変化して、歯肉炎や歯周病にかかりやすくなり、歯茎が腫れたり、出血を起こします。妊娠期の歯周病は、ごく少量のプラークや歯石の沈着に過敏に反応しやすくなるのが特徴で、歯肉が腫れたり、出血したりします。
妊娠する前に、口腔内の清潔が保たれている場合には、歯周病が起こる事はありませんが、歯に汚れがついていたり、以前に歯肉炎や歯周病にかかった事がある方は、歯周病を起こしやすくなります。
また、胎児に与える影響としては早産や低体重出産が挙げられます。アメリカの研究発表では1.7倍と言われています。

■虫歯

妊娠中は、つわりや偏食、不規則な生活等で、オーラルケアがおろそかになり、口の中が汚れやすくなります。虫歯菌も繁殖しやすくなります。

妊娠前に出来る事

■妊娠性歯肉炎、歯周病の予防

歯周病予防に効果的なのは、やはり歯磨きです。
しかし、それまでに歯についてしまった歯石や歯磨きで取れない汚れは、歯のクリーニング等をして汚れを除去してもらうことをお勧めいたします。その際に、磨き残しをしないようにブラッシング指導を行っています。

■虫歯の予防

妊娠前に虫歯を治療しておき、虫歯になりやすい方は歯科検診を定期的に行い、虫歯になりやすい方は3DSで虫歯菌を除去しておく事をお勧め致します。

お子様が生まれたら

お子様に虫歯を移したくないばかりに、過剰にスキンシップを避けるのは寂しいことです。赤ちゃんに必要な善玉菌もお子様にあげることもできません。心配な方は、妊娠後に虫歯菌を移さないように、処置を行なっています。

⇒お子さんが生まれた時の虫歯、歯周病の感染予防はこちら