大船の歯医者くり歯科クリニック > 親知らずの抜歯

親知らず

親知らずの抜歯



というご質問をよく頂きます。
結論からいうと、きちんとはえていて、管理できる様な状態であれば、抜く必要はありません。
ただ、日本人の約8割の方が曲がってはえたり、歯茎が被った状態のままになっているのが現実です。

親知らずは、前から数えて8番目、一番奥に最後にはえてくる永久歯です。
その為、顎の小さくなった現代人では、親知らずのスペースが足りずに曲がって はえたり、
歯茎が被ったままの状態の方がほとんどです。
そういった親知らずを抜かずに残しておくと、どの様な弊害があるか以下にまとめてみました。

1.虫歯になりやすい

歯磨きか難しい親知らずは、虫歯になる可能性が高くなります。
歯ブラシが届きにくい事で、どうしても磨き残しが出てきます
また歯の間に物が挟まり、一本手前の歯まで虫歯になる事もあります。

2.歯茎が腫れる

歯茎が歯に被っている場合、歯と歯茎の間に食べカスや
磨き残しで歯茎が腫れる事があります。
虫歯や歯周病のリスクが高くなります。この場合は、まず消毒をして、抗生物質等を服用して、腫れをひかせてから抜歯します。

3.歯茎にあたって痛い

歯は上下の歯がかみ合ってその位置を保っているので、
どちらか一方の親知らずが無い場合や、潜っている場合は、
上下反対側の歯茎にぶつかってきます。
するとその歯茎は、親知らずと顎骨、もしくは潜っている親知らずに挟まれて痛みが出てきます。

4.歯並びが悪くなる

狭いスペースに無理に親知らずが出てこようとしたり、
曲がってはえた親知らずに他の歯が押されることにより、
歯並びが悪くなることがあります。

他にも親知らずの弊害は、たくさんあります。
しかし、怖い、痛そう、腫れるのがイヤ等で決心のつかない患者様、一度当院にご相談ください。
抜くべきか残すべきかも含め、患者様に合った最善の方法をご提案させて頂きますのでご安心ください。